○●店主プロフィール●○

手塚 晶之(てづか まさゆき)

 

昭和57年 登戸で生まれる

平成14年 東京調理師専門学校卒業 荻窪『本むら庵』入社

平成19年 5年の修業を終え実家『生そば更科』に戻る

​平成23年 経営を引き継ぐ 屋号を『手打ちそば更科』に改める

​平成27年 インフィニット酒スクールにて日本酒プロコース修了

令和  2年 店舗改装 屋号を『酒縁さらしな』に改める

星座  :うお座

血液柄 :B型

愛飲酒 :日本酒、ワイン

​趣味  :食べ(飲み)歩き 将棋

座右の銘:為せば成る 為さねば成らぬ 何事も 成らぬは人の 為さぬなりけり

写真左上の書は書道家『山嵜楓華』氏による

【一捏込魂 (いちねつにゅうこん)】

手打ちそばの極意「捏ね」の作業に全霊を込める意

○●当店の歴史●○

【生そば 更科】

昭和16年 紀行誕生

​昭和20年 登戸へ移住

昭和29年 そば屋開業

​昭和32年 才治氏没

      享年43歳

昭和57年 晶之誕生

平成15年 鶴子氏没

      享年83歳

【手打ちそば 更科】

平成23年 屋号変更

【酒縁 さらしな】

​令和2年   屋号変更

昭和-前期

現店主の祖父『手塚 才次』は上野付近で違う業態の商売をしていた。戦火を逃れて登戸に移住し、現在の場所で​店を構えることとなった。昭和29年12月『生そば 更科』を開業した。※写真は昭和32年頃の登戸駅

平成

現店主『晶之』は調理の専門学校を卒業後東京・荻窪の銘店『本むら庵』で修業。5年の後、自店に戻る。2011年3月に店舗を改装。屋号を『手打ちそば 更科』に改め3代目として経営を引き継ぐ。

昭和-中期~後期

若くして才次が病で亡くなる。代わって店を継いだのは現店主の父『紀行』。弱冠14歳のときであった。その母『鶴子』と姉『安子』とともに店を支え、後に妻『孝子』を迎えて高度成長期を生き抜く。

令和

時代は令和へ。現代の食文化と向き合い業態の変更を決意。食事処から日本酒専門店へ。屋号を『酒縁 さらしな』と改める。酒を通じて多くの縁を授かった店主が、お客様と食を紡ぐ試みを始める。

○●グルメサイトについて●○

当店はグルメサイトへの掲載をお断りしております。その理由は2つあります。

1つめは、某グルメサイトにおける点数評価はまったくもって公平ではないからです。

2つめは、できるかぎり先入観なしにご来店いただきたいからです。自信をもって料理・サービスを提供しております。まずはご自身のご感覚でそれらを感じ取っていただければ幸甚です。

Googleで検索していただくとある程度の写真と評価をご覧いただけます。2020年以降の投稿をご参考にしてください。

E-MAIL

  • Facebook
  • Instagram

© 2020 by syuen-sarashina  Proudly created with Wix.com